定められたエリアのみ名乗れるブランド名
”ジャマイカ・ブルーマウンテンコーヒー”
最高のバランス感
ブルーマウンテンエリアのほとんどは険しい山岳地帯で、1日の中の寒暖差が平均8℃以上になるため、豆が膨らんだり縮んだりの運動を繰り返すことで引き締まりコクが生まれます。弱酸性の土壌、豊富な雨量、さらに山脈を”ブルーマウンテン”と言わしめる霧が頻繁に発生して、コーヒーの木だけでなく土壌にも適度な水分を補給します。
​まさに、コーヒーの栽培には最高の条件が備わった環境なのです。